名刺とは

名刺とは小型の紙に自分の氏名、住所、電話番号、職業などを記し、相手に自分を紹介する時などに渡すカードです。
名刺に記されている内容でもっとも強調されているのは氏名で、加えて顔写真を載せることもあります。
現在は時代を反映してメールアドレスやURLを載せている名刺も増えています。


初対面の相手に自己紹介として渡すことが多く、特にビジネスにおいて名刺交換は儀礼となっており、企業での研修には名刺交換の研修もあり、名刺交換はビジネスの基本であるということが分かります。
初対面の相手との初めてのコミュニケーションとして名刺は一役買ってくれます。


ビジネスでは儀礼となっていることもあり事務的なやりとりとして名刺交換をすることもありますが、特に考えもなく名刺を相手に渡すだけでは本来の名刺の意味が薄れてしまいます。
これから関係を持っていく人たちに、自分の名前や職業、身分を知ってもらい、連絡先を載せ、これからもよろしくお願いしますという気持ちを名刺は伝えてくれます。


相手からいただく名刺も見るのは名刺交換の時だけで、どんどんたまってくだけになってしまうこともあります。
しかし、しっかりと管理をすればふとした時に大切な人脈を活かせます。
名刺用のファイルやボックスを利用し50音順に分類したり、よく使用する名刺は別にしておいたり、現在はスマホでも名刺専用のアプリがありますから、さまざまな方法を活用していただいた名刺を管理しましょう。

Copyright © 2014 名刺の役割 All Rights Reserved.